なぜ友達は「別れろ」「別れたほうがいい」というのか?【私なりの考え】

「合わない彼氏は別れたほうがいい」や「ヨリを戻さないほうがいい」など結構な記事を書いているはちこです。

彼氏と「合わない」と思ったら「別れる」という選択肢を取っても良い
彼氏と合わないけど、別れられない 彼氏に合わないと言われた、けどどうしたらいいのかわからない とお悩みの方におすすめの記事です。 私は以前に付き合っていた彼氏から「合わない」と言われたことがあります。 ...

今回はなぜ私が「別れろおば……ウーマン」になっているかについて書いてみたいと思います。

この記事は
友達が別れろっていうけどなんでそんなことを言うんだろう?
と悩んでいる人におすすめです。
スポンサーリンク

私が友人として「別れろ」という理由

私の一言で別れるとは思ってない

「は!?無責任すぎるやろ!?」と思う方。
ちょっと待ってください。
実は私も友達から「別れたほうがいい」「早く別れろ」などと言われたことがあります。

でも言われてすぐに別れを選びませんでした。それから1ヶ月くらいは「絶対別れないし!」とか思ってました。いざ別れてしまったときも「なんで……速攻でより戻すかもしれないし」とか思ってました。

でも別れを選んだ理由としては「これ以上傷付きたくない」という感じでした。
友達から言われたから、という理由ではありません。

別れを選ぶタイミングというのは、結局相手と自分のタイミングであって、友達がこう言ったから、はあんまり関係ありません。

なのでまず大前提として「私が『別れろ』と言ったから別れるとは思ってないが、『別れたほうがいい』という助言はしておく」というスタンスで言っています。

友人が不幸になるところが見たくない

正直、「別れたほうがいいよ」と言われる時点で、

  • なにか彼氏に対して問題がある
  • 現状に不満がある

という相談やら愚痴やらを友人に言っている状況だと思います。
そういう相談をされた私としては「苦しいなら開放してあげたい」「それって別れたほうがいいのでは?」という思考になります。

決して「彼氏と別れる→一人になる→友達かわいそう…→他人の不幸は蜜の味」などというアホみたいな発想から言っておりません……。ヤ○ー知恵袋は信用するな。

もしかしたらもしかして、人によっては嫉妬故に言ってる人もいるかもしれませんが、このブログでは決してそのようなことはありませんので!

私自身がモラハラサバイバーだから

個人的には一番私の中で大きいのがこれです。
モラハラサバイバーだからこそ、自分を消耗するような恋愛を他人にはしてほしくない。
そして、他人は簡単に変わらないからこそ、その人との関係を続けないほうがいいという助言をします。

私自身も、モラハラ男だったり軽いDV男だったりと言った人と付き合いました。(そして別れましたが)

そこで思ったのは、「本人が変わろうとしない限り中々人は変わらない」ということでした。
そして、「変わろうとする」、そのことに気づいて実行する人は本当に少ないです。

彼氏に限らず、結婚相手でも、恋愛の話ではなく、仕事の同僚や上司でも。
本当に本人が変わろうとしない限り変わらないことがほとんどです。

それ故に「いつか相手が変わってくれるかも……」的な期待を抱いている人には「別れたほうがいい」と言います。

変わらない相手に淡い期待を抱きながらも何年と消耗していくのは辛いです。
私自身も「いつか変わってくれるはず」「なんなら変わってくれないなら私が変えるまで」と思っていましたが、ただただ辛くなる一方でした。

「なんでこんなに尽くしているのに彼は理解してくれないのだろう」
「私は彼のために一生懸命変わろうとしているのに彼は私のために何もしてくれないのだろう」

そうやって精神を消耗してしまったこともありました。

そうして摩耗するよりは別れを選んで自分を大切にする、そして大切にしてくれる人と付き合ったほうが精神衛生上良いと思います。

解決しようと思っている

よく「女性の悩み相談は共感してほしいだけで解決は求めてない」と聞きますが。
聞きますが、私の場合は「解決したい」という気持ちがあります。
解決したいと言っておきながら「別れろ」とか言うの……どうなの……と思わず自問してしまいますが。

果たしてその「彼」は「付き合い続けたほうがいい」のか?

ここまで書きましたが、今付き合っている彼と付き合い続けるかどうかを判断するのは私やあなたの友人ではなく「あなた自身」が決めることです。

今幸せでなんの問題も無ければ、今までの話は水に流してください。
でも今少しでも不満に思うことがあるのなら、友人の言葉に耳を傾けたり、話を聞いてみるのも良いことだと思います。

と。
以上、私が友人として「別れろ」という理由についてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました