【2020最新・mac版】xp-penシリーズのペンタブが反応しない時の対処法

はちこです。
ついに念願のペンタブ・「XP-PEN deco01 V2」を買いました!

ペンタブといえばWacom!さんが有名ですが、少しお高めかな…と思いまして。
「XP-PEN」という会社でもペンタブを出していると聞いて、購入前にレビューをあれこれ調べてみると、かなりお手頃なお値段!

ということでXP-PEN deco01 V2にしてみました。


早速コードを繋ぎ使用してみましたが、カーソルが動くけれどクリックが反応しない!という現象にぶち当たりました。

その後色々した結果動くようになりました。
その時に行なった手順をまとめてみたいと思います。

この記事は
・MacユーザーでXP-PEN deco01 V2を購入したけれどカーソルが反応しない
・XP-PENのペンタブを買ったけど、クリスタのペイントソフトでは反応しない
・カーソルは動くが、クリックは反応しないorクリックしか反応しない
などの現象でお困りの方におすすめです。

また基本的にはXP-PENのペンタブ(板タブ)であれば同様の対象方法で解決できると思います。
XP-PEN deco01 V2以外にも

  • Deco mini4
  • Star G430S

などでも同じやり方になります。

スポンサーリンク

カーソルが反応しない場合の対処法【XP-PEN deco01 V2版】

動作環境

私のmac環境は
・macOS Mojave (バージョン10.15.6)
・MacBookPro (Early2015)
です。

使用したペンタブは「XP-PEN deco01 V2」になります。

私の場合は、「カーソルが動くがクリックが反応しない」「ペイントソフトでは何も反応しない(キャンバスの上でカーソルを移動することしかできない)」という状態でした。

ドライバーのインストール

まずはじめにドライバーのインストールを行いました。
XP-PENのダウンロードページから対応するペンタブのページを開きます。
今回買ったのはdecoシリーズなので、「製品カテゴリを選択」の部分で「decoシリーズ」を選び、その中からdeco01 V2を選択します。

xppenドライバーDLページ

ソフトウェア&ドライバーの項目から一番上(最新)のデータをダウンロードします。
最近では(Official Driver)と後ろに書いてあると思います。そちらであれば問題ないはずです。
フォルダの中身はこうなっています。

ドライバーデータ中身

  • How to installed XP-Pen driver in Catalina (10.15).pdf
  • How to use Photoshp pen pressure on Mac OS Mojave.pdf
  • XP-PenMac_2.1.7.200716.dmg

の3つのデータがあります。
この中の「・XP-PenMac_2.1.7.200716.dmg」を開きます。

ペンタブの設定

PenTabletのフォルダをapplicationのフォルダにドラッグ&ドロップしてフォルダを取り込みます。

ペンタブのドライバーがフォルダに入っている状態

このような状態になればドライバーのインストールは完了です。

・・・がまだペンタブが使えない状態だったので、次にmacのアクセシビリティの設定をします。

(おそらく、ここまでの作業ではソフトウェアのインストールしか済んでなさそう・・・)

アクセシビリティの設定

macのシステム環境設定から「セキュリティとプライバシー」を選択しその中の「プライバシー」を選択します。
そして左の項目から「アクセシビリティ」を選択します。

PenTabletSetting設定前

おそらく今の状態はこのような感じだと思います。
その中にある、先ほどインストールをした「PenTabletSetting.app」を一旦削除します。

【削除のやり方】

  1. 一番下の鍵マークをクリック
  2. パスワードを求められるので、自分のパソコンを立ち上げた時のパスワードを入力
  3. 入力をするとグレーアウトしていた部分が選択できるようになる
  4. 削除したい項目(今回は「PenTabletSetting.app」)を選択して「+ −」のマイナスをクリックする
  5. 削除される

次に「+」を押して項目を追加します。
まず追加する項目は先ほど削除した「PenTabletSetting.app」と「UninstallPenTablet.app」です。
「+」を押すとFinderの画面が開くので
アプリケーション→PenTablet→PenTabletSetting.appとUninstallPenTablet.appを選択して追加します。

次に「MsgDisplay」、「PenTabletDriverUX」、「UgeePenTabletInfo」の三つを追加します。
同じように「+」を押します。
以下の場所に上記の3つがあるのでそれを選択し追加します。
pentabletのフォルダの位置

【自分の】MacBookPro>MacintoshHD>ライブラリ>application support>PenTablet という場所です。

なかなか見つからない人は真ん中の項目を【自分の】MacBookProかMacintoshHDにすると探しやすいと思います。

場所がわからない時

一応今追加した五つの項目にチェックが入っていることを確認します。

セキュリティとプライバシーの画面

確認したら「セキュリティとプライバシー」を閉じます。

システムを一度再起動(シャットダウンして再起動)して、
アプリケーションからPenTabletのフォルダを開き「PenTabletSetting.app」を起動(またはLaunchpadから「PenTabletSetting.app」を起動)します。

「PenTabletSetting」の設定

PenTabletSettingの画面

この画面でボタンの振り分けや筆圧レベルの設定を行えば完了です。
「ペンタブが使えない!」と思い、筆圧レベルなどをあげていると本当に使えるようになったのかわからないことが多いです。
なので、ドライバーなどを再インストールした場合は一度筆圧レベルをリセットしておくのが良いです。

【2020.10.10追記】「PenTabletSetting(New UI Beta Driver)」の場合

Star G430Sなどでは、最近新しいバージョンのドライバーがリリースされました。
基本的に設定画面は同様ですが、筆圧の設定の位置が変わりました。

「PenTabletSetting(New UI Beta Driver)」設定画面

ペン設定の部分に筆圧設定はあります。

(参考にしたURL:Mac OS Mojave (10.14)でXP-Penドライバーを利用される方法

お絵かきにはクリップスタジオがおすすめ

一応、以上のやり方でXP-PENのペンタブが使えるようになるはずです。
ですが、実際にお絵かきをするにはペイントソフトがおすすめです。

XP-PENのdecoシリーズを購入するとopenCanvasというペイントソフトが付いてきます。

ついてきますが!
このソフトはwindow版専用なのでMacユーザーの私は使えませんでした。

なので「CLIP STUDIO PAINT DEBUT」(ピクシブプレミアム会員の人などが利用できます)を使用しています。



一番売れているソフトらしいので知っている方もいると思います。
DEBUT版はできることが限られてはいますが、それでも自由にお絵かきができています。

初めてのペイントソフトですが、すごく使い心地もよいと感じています。
3ヶ月のお試し期間もあるのでインストールしてどのようなものか試してみるのもおすすめです!
無料ダウンロードはこちらから飛べます。
ペイントソフト CLIP STUDIO PAINT 無料体験版のダウンロード

今回はこのあたりで。
この記事が困っている人の助けになりますように!



コメント

タイトルとURLをコピーしました