【買い物依存編】もしかしてADHDなんじゃないかと感じ始めてきた【発達障害】

スポンサーリンク

今まで生きてきて「ADHDの買い物依存かも?」と時折思うことがありましたが、最近「確実にそうかもしれない!」と思いました。

今回の記事では

  • なぜ自分がADHDの買い物依存だと思ったのか
  • ADHDの買い物依存かな?と思いながらも辛かったこと
  • 今後できる対策

などについて自分なりにまとめてみようと思います。
同じように悩んでいる人の心の支えになれば幸いです。

※この記事は個人の体験であり、医学的見地からの意見ではありません。

スポンサーリンク

自分がADHDの買い物依存かも?と思ったきっかけ

以前から手取りがあまり多くないにも関わらず、クレジットカードの請求のせいで生活がギリギリになったり、大きな買い物をしてしまったり、ゲーセンに通いつめてしまったり…その度に後悔することがあります。
後悔するたびに「なんでこうなっちゃうんだろう」と頭を悩ませていました。

そんなある日、敬愛するぱぷりこさんがこんなことをツイッターで呟いていました。

ぱぷりこさんとは、筆圧(文章量)で悩める乙女たちのお悩みを解決する外資系の妖精(本人のツイッタープロフィールより)さんです。

(ぱぷりこさんと言えば、妖怪男ウォッチ。世の中にはびこる妖怪男を分類別に紹介する本です)

以前よりぱぷりこさんのツイッターは拝見していたのですが、先日「医者からADHD診断が下りた」と言っていて驚きました。

「あのぱぷりこさんも?!」と驚いたと同時に「もしかして私もそうかもしれない……」と思いました。ぱぷりこさんのカミングアウトには安心感を覚えました。

ADHDの買い物依存かな?と思いながらも辛かったこと

私も過去を思い返すと大きな買い物や、一回一回は少額だけど通い詰めてしまうことで高額になるようなことが多々ありました。

ゲーセンに通いつめてしまう

大学生の時の話なのですが、一時期ゲームセンターに通い詰めになっていた頃がありました。大学生なので収入はバイトしかなく、授業終わりにバイトをしていただけだったのでそこまで収入は多くありません。
しかし、毎月一万円強くらいはゲーセンにつぎ込んでいました。
何にハマっていたのかと言うと、UFOキャッチャーやリズムゲームです。
リズムゲーム(maimaiやグルーブコースターなどプレイしていました)は100円(ワンクレジット)で20分から30分くらい遊べるのでそこまで消費はしなかったのですが、問題はUFOキャッチャーでした。

UFOキャッチャーはほとんどの人がやったことがあるとは思いますが、UFOキャッチャーにおける100円の価値ってかなり低いんですよね…15秒で無くなる。そのため一瞬で紙幣が消えてく。
当時はDMMゲームスの「艦これ」にハマっていたので、そのフィギュアを取るために一体に4000円くらい費やしていました。(今思うとイかれてる)

今でも癖でゲームセンターに寄ってしまいますが、やるたびに結構苦痛になります。(なかなか取れないという気持ちと、お金を浪費していると感じてしまう)

大きな買い物でも分割すれば…!と思ってしまう

もうね、この発想ほんとダメ。笑

過去の大きな買い物というとあまり少ないのですが、カメラやMacbookProなどが大きな買い物かなーと思います。それとiPhoneとか…(結構ある)
MacbookProについては大学で必要(必要というかほぼ必須でした)だったので、まあまあ…と言いつつ毎月1万円くらいで1年間で払いました。
毎月FIXでバイト代から一万円天引きは辛かったです。

iPhoneを買い換えた時も分割で3回くらいで払いました。中古の商品だったのでそこまで高額ではなかったのですが、その時は毎月2万円くらいで払い切りました。

そして今現在もカメラを分割で払っています、と言っても来月で払い切りますが。
カメラ自体は買ったことはもちろん後悔していないのですが、毎月払い続けるというのはかなり辛いです。

辛いのになぜ買うのだ…欲しい気持ちが押さられない…どうすりゃいいの…。

脱毛二回契約して結局二回とも辞めてる件について

脱毛したいんですよー。したんですけど、高くないですか。めっちゃ高い。

とはいえ、過去の二回ほど契約したことがあります。
一回目はローンを組んで一回目の施術をしてやめました。
そして先日また別のサロンで人生2回目の脱毛ローンを組みかけて辞めました。クーリングオフします。半年後にできるといいなあ(遠い目)

もー、本当にみっともない…。

買い物依存の対策

ふとこうしてあらいざらい過去の傾向について考えてみると、ストレスが溜まった時に大きな買い物をしやすいんじゃないかと思います。買い物ってすっきりするんですよね…。
ゲーセン通いつめていたときも、夜遅くまでバイトをしてその後に通っていました。現在ゲーセン通いをしていないのは、会社から家までの帰り道にゲーセンが無いからしてないんだと思います。
つまり状況が揃ってしまえばまたハマる可能性大。なので、状況を作らない対策を考えてみました。

「クレジットカードを減らす」は多少の効果?

以前はクレジットカードを数枚持ち歩いていたのですが、数年前に思い切ってメインカードを一枚にしました。サブカードは家に置いていくことにしました。
クレカを何枚か持っていた時は何に使っているのかを全部把握するのが大変でしたが、一枚にしたことで一回で何に使っているのかを把握できるようになりました。とはいえ、あまり出費自体は変化ないような気がしないでもない…。

使ったのがすぐわかるデビットカード
というわけでそもそもクレジットではなくて、すぐに使用履歴がわかるデビットカードの方がいいんじゃね?と思い、三井住友VISAのデビットカード(ID連携)を申請しました。
やはり、目に見えて使用した形跡がわかるので、銀行口座の残高を気にするようになりました。多少の効果はあったような気がします。

財布にお金を少なめにいれる、お金を使用するタイミングを減らす

結局ID使ってしまうので効果はあんまり高くないのですが、現金しか使えないところだと「余計な買い物はやめよう」という気持ちになれます。
なので効果は一定数あると思います。

また、お金を使用するタイミングを減らすように心がけることも大事です。
ゲーセンには行かない。近くを通らないようにする。自分の中でそう決まりごとをつけるようになったのでゲーセンにはあまり寄り道をしなくなりました。

高い買い物は「本当に必要かどうかを一晩考えてみる」

つい、気持ちが大きくなっていると勢いで即決してしまうのですが、辞めたいです。
なので「2万円以上は即決せずに一旦考える」ことにしたいと思います。

また私は押しに弱いので、そこもなんとか押しに負けないようにしたいです。
(ってこれじゃあ宣言になってて対策になっていないですね)

「ストレスで財布の紐がゆるみがちになりやすい性格である」ということを自覚する

自分はこういう性格なんだ、と思うことで自制するのが結局効果的な気がします。
「気持ちが大きくなっている、ストレスが溜まっているんだ」と思うことで、自分で自分にブレーキをかけることができると思います。

またメンタルの不調が起きた時にデパートなどに行くのも控えたいです。
お金を使いそうな瞬間にお金を使ってしまうような所に行かない!

うっかり自分を責めすぎない

結局大きな買い物をしたあととか、買い物を失敗した後ってかなり、凹みがちになってしまいます。
この時ってかなり辛くて消えて無くなりたいー!とも思います。
そして数十分「ズーン」と凹んで泣いて多少すっきりしますが、根本の部分があんまり変わってない時があります。

後悔や自分を責めるのも別にいいけど、その後どうするかについて考えてないな…と反省。
今後はもう少しどうするのかについて考えていきたいと思います。
今月はもう少し節約しよう、今の給料を上げるためにどうしたらいいのか?などなど…。

というわけで明日から財布の紐をきっちり閉めて生活していこうと思います。
それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました