彼氏の男友達に嫉妬しない方法

彼氏の男友達に嫉妬したことはありますか?

私は彼氏と同棲しているのですが、時たま彼氏が男友達の家まで遊びに行くことがあります。
それに対して私はよく嫉妬していました。

はちこ
はちこ

なんで私というものがありながら遊びに行くのだー!

その度になんとなくどこか険悪なムードになって「勝手に行けばいいじゃん!」という気持ちで送り出すことがしばしばありました。
「遊びに行かないでよ」というのは簡単ですが、それを言ってしまったらただの束縛だし・・・

嫉妬故に怒ってしまうこともありますが、逆に「私と遊ぶのが楽しくないんだ」と自己嫌悪に陥ることもありました。
私といても面白くないから、男友達のところに遊びに行くんだ・・・

こうして文字に起こすとなんてわがままなんだ、と思いますが感情ばっかりはすぐに変えることもできません。

この記事は
・彼氏の友人に嫉妬してしまう!どうしたらいいの!
とお悩みの方におすすめの記事です。
スポンサーリンク

嫉妬と戦う

嫉妬していた頃はよくGoogleに「彼氏 男友達 嫉妬しない方法」と入れて寝る間も惜しんで女性向けキュレーションサイトの記事をひたすらに読み漁っていました。

そこに書かれているのは

  • 彼氏に依存していませんか?彼氏より集中できる趣味を見つけましょう
  • あなたも遊びに行けばいいです。一人になるのはやめましょう
  • 嫉妬しててもうざがられるだけです。すぐにやめましょう

などなど・・・。

まず一番上の「彼氏より集中できる趣味を探す」。
頑張って彼氏より集中できる趣味を探してみましたが、趣味を探すのって大変ですよね。
また、新しい趣味を始めるのにはコストがかかります。それに、「誰かのために趣味を見つける、始める」って結構しんどくて、続かないことが多いです。
趣味の編み物とかも再開してみましたが、やっぱり彼氏のことがきになるし、もやもやとなってしまい終いには趣味に手がつかなくなり、延々と泣き始めてしまい、気づいたら寝てた…みたいなこともありました。
私にはあまり効果がありませんでした。

遊びに行くのは、すぐに予定の合う女友達がいればよかったんですけど、あいにくと私は友人の多い人ではありません。
さっと誘える友達もいなかったので、一人でふらふらと遊びにいくようにしていました。
遊びに行くと言ってもふらふらと一人で買い物、が大半です。
特に目的もなくぶらつくだけなのであまり楽しくありませんでした。またふとした瞬間に感情が溢れてきてしまうことがありました。
これも有効的ではなかったと思います。

三つ目の「嫉妬してもうざがられるだけ」ということは本心ではわかっていました。
故に、「う、うるせー!知っとるわ!」と思い、嫉妬なんかすぐさま辞めたい!と感じていました。
しかし、嫉妬というのは明日から治るものでもなく、嫉妬をやめたいと思えば思うほどぬかるみにはまっていました。

この嫉妬に付き合って2年くらいは悩まされていました。

きっかけは友人のひとこと

そのころにふと私の友人がこう話始めたのを今でも覚えています。

「わたし、はちこの彼氏を自分の家族だと思って接することにする!!!」

今思い出してもわけわかんない(笑)ですが、私の友人、彼女曰くこういうことらしいです。

「はちこが彼氏できてから、『どこの馬の骨が私のはちこを取って行ったんだ』って思ってたけどはちこの彼氏を自分の家族だと思うことにすれば、そんな気持ちにならないことに気づいた」

とのこと。なるほどなあ、と思いました。
言われたその日は、なんじゃそりゃーと思って笑い飛ばしましたが、ふと、思いました。

「この『家族だと思う理論』、嫉妬には有効な手段なのではないだろうか?」

というわけで、彼氏の男友達は自分の家族だと思うことにしてみました。

するとあまり嫉妬しなくなったような気がします。
家族だとちょっと近すぎると感じる人は「いとこ」「はとこ」くらいでもいいのかなと思います。

「彼が遊びに行ってくるね!」と言われても「いとこと遊ぶなら仕方ないよねー」くらいに思えるようになりました。

「彼の友達を自分の家族だと思う理論」、結構いいアイデアだと我ながら思います。

このアイデアのいいところはお金がかからず、すぐにできるところです。

趣味を始めるのにも、どこかに遊びに行くでも、コストがかかります。
ですが。
この「自分の家族だと思う理論」はノーコストです。

彼氏の友人に嫉妬してしまう方におすすめの方法だと思うので、やってみる価値はあると思います。やってみるというか意識を変えるということに近いと思いますが。

少しでも悩んでいる人の役に立てれば幸いです。
それでは。

はちこ

コメント

タイトルとURLをコピーしました